学費返金規定

学費返金規定

学費返金規程


この規定は、JCLI日本語学校が入学を許可した者でかつ留学ビザ申請をしている場合において、学費の返金に関する事項について定めたものである。

(原則)

学費の返金は、学期ごとに対して適用される。

  • 学費の返金は、学生本人もしくは経費支弁者、または仲介機関である留学センターを通して行われる。
  • 学費の返金の際にかかる振込手数料は、受取人の負担とする。
  • 稟議を経て承認された場合、以下の返金規定に基づいて返金処理が行われる。

ケース1:ビザ申請書類提出後のキャンセルの場合

「在留資格認定証明書」の交付、不交付に関わらず、選考料は返金しない。

ケース2:入国管理局から「在留資格認定証明書」交付後で学費支払い前のキャンセル場合

選考料は返金しない。

ケース3:入国管理局から「在留資格認定証明書」交付後で学費支払い後、かつ授業開始前キャンセルの場合

選考料及び入学金は返金しない。「在留認定許可書」及び「入学許可書」を返却後、それ以外の学費は返金する。ただし入寮を希望していた場合は、入寮費を申し受ける。

ケース4:入国ビザを取得した後、来日以前に入学を辞退した場合

選考料及び入学金は返金しない。ただし入寮を希望していた場合は、入寮費を申し受ける。授業料は当校職員によって入国ビザ未使用であることが確認され、かつ「入学許可書」返却後に返金する。

ケース5:日本大使館・領事館よりビザ発給が拒否された場合

選考料及び入学金は返金しない。入学許可書を返却後に選考料・入学金・入寮を希望していた場合は入寮費を引いた金額を返金する。

ケース6:入国ビザを使用して来日し、入学前にキャンセルする場合

選考料及び入学金は返金しない。入学許可書を返却後に選考料・入学金・入寮を希望していた場合は入寮費を引いた金額を、完全帰国確認後に返金する。

ケース7:授業開始後のキャンセルの場合

退学届の提出をもって退学受付とする。ただし最初の6ヵ月分の学費は如何なる理由に関わらず返金しない。残りの学費は授業を受けていない学期(3ヶ月)単位で返金する。その際に※事務手数料として20,000円(税抜)を申し受ける。
返金は帰国確認もしくは他のビザ取得を確認してから返金する。
※事務手数料は、入管への報告文書作成代及び報告時の通信費、これに関わる人件費、帰国確認等にかかる通信費、クラス編成や講師手配にかかる人件費等が含まれます。

ケース8:法律を破り強制送還された場合や、除籍処分となった場合

一切返金しない。

ケース9:天災・事故・感染症・交通機関のストライキや気象状況等で交通機関が止まる恐れがあることにより休校、または授業を中止した場合

免責とし、授業料の返金はしない。

ケース10:来日が遅れた場合

未受講分の授業料は返金しない。また、入寮を希望していた場合、来日の有無にかからず予定していた居住期間分を申し受ける。